ブログトップ | ログイン

櫨ノ谷便り

hazenotani.exblog.jp

<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

吉野敬子個展のおしらせ

唐津 草伝社にて開催中の吉野敬子個展は今週末29日までとなっております。
e0221358_21134950.jpg
佐賀新聞(11/20)
e0221358_21162199.jpg

e0221358_21165282.jpg

e0221358_21171859.jpg
絵唐津小鉢(吉野敬子)
e0221358_21175419.jpg
朝鮮唐津細水指(〃)
e0221358_21183392.jpg
黒唐津壷(〃)
e0221358_21192312.jpg
本手絵唐津壺水指(吉野魁)
e0221358_2120981.jpg

e0221358_21202756.jpg
多数のご来場お待ちしています。

佐賀新聞の記事を以下に転載します。
「伊万里市南波多の唐津焼作家・吉野敬子さん=櫨ノ谷窯=の作陶展が20日、唐津市北波多のギャラリー「草伝社」で始まった。個展の直前に、古唐津の探求で知られる父靖義さんが他界。父の技術を受け継いだ絵唐津など、土の風合いを生かした170点を並べている。29日まで。
吉野さんはこれまで、父子展やグループ展を開いてきたが、唐津焼の本格的な個展は初めて。今回は古唐津の窯跡が多く残る地元の土選びから挑戦してきたが、準備が佳境を迎えた11月8日、器作りを愛してきた靖義さんが74歳で逝去した。
父のもとで20年間修業してきた吉野さんは「準備に追われていたので気が張って悲しむ余裕もなかった」と振り返る。葬儀を終え、無事に初個展を開けたことに「父に『ちゃんとやれよ』と背中を押してもらえたよう」と話す。
会場には吉野さんの酒器や食器、茶道具と一緒に、靖義さんの作品も数点、特別に展示。今まで作ってこなかったが、父が得意だった絵唐津にも力を入れた。
父の遺志を継ぎ、新たな一歩を踏み出した吉野さんは「自分では納得のできる作品ができた。父には『まだ駄目』と言われるかもしれないので、見てほしかったような、そうでないような気持ちですね」と話している。」
by hazenotani | 2015-11-25 21:21 | イベント | Comments(0)

おしらせ

当窯 前窯主 吉野魁(靖義)は、さる11月8日に永眠いたしました。
e0221358_8465227.jpg

e0221358_8472241.jpg

e0221358_8474296.jpg

e0221358_8475996.jpg

e0221358_8481529.jpg

e0221358_8483272.jpg

e0221358_8484893.jpg

e0221358_849340.jpg

e0221358_849233.jpg

故人が生前永きにわたり皆様より賜りましたご厚誼に、深く御礼申し上げます。
by hazenotani | 2015-11-21 08:53 | その他 | Comments(4)