ブログトップ | ログイン

櫨ノ谷便り

hazenotani.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

櫨ノ谷窯とは

e0221358_2327049.jpg
現在の櫨ノ谷窯は、当地で農業と炭焼きを生業としていた吉野円作の四男、吉野靖義が昭和45年に開いた、半農半陶の唐津焼窯元です。
e0221358_23293855.jpg
開窯以来、古唐津に取り組んで30年、平成13年に原料や焼成法に関する従来の定説を覆した技法で桃山古唐津の再現に成功、「本手唐津」と名づけました。
e0221358_23324426.jpg
「本手唐津」は、原料に採集粘土でなく磁器のように石を用い、低火度、短時間で焼成します。柔らかな釉面、土見せの軽い焼き上がり、しっかりと焼き締まった胎土など、従来再現できなかった桃山古唐津の味わいが、この技法によって初めて可能になりました。
e0221358_23305035.jpg
現在も、作陶や個展活動のかたわら先祖伝来の田畑で自然農法に取り組む半農半陶の窯元として活動を続けています。
e0221358_23352716.jpg

by hazenotani | 2012-12-31 10:17 | 櫨ノ谷窯について | Comments(0)

作家紹介

吉野 魁(靖義)
e0221358_23315829.jpg

1982年 久留米井筒屋にて初個展
1994年~2001年 東京銀座 兜屋画廊にて個展
2003年~ 東京渋谷 炎色野にて個展以後毎年開催
2003年 福岡天神 大丸にて個展
2005年 佐賀 村岡屋ギャラリーにて親子展
2007年 静岡宮正人形にて親子展
2010年 岡山 明日香画廊にて個展以後毎年開催
2010年 「唐津焼のいま」展(東京新宿 柿傳ギャラリー)に出品以後毎年参加
2012年 「唐津やきもん祭り」にて砂岩等の石を原料とした古唐津復元の技術(本手唐津)をテーマに基調講演を行う
2013年 窯を吉野敬子に譲り、「魁」と改名

吉野敬子
e0221358_23324233.jpg

2005年 佐賀 村岡屋ギャラリーにて親子展
2005年 唐津 ギャラリー麹町山田にて個展
2007年~ 九州電力『若手工芸家作陶展』参加
2007年 静岡 宮正人形にて親子展
2009年 福岡 季離宮にて3人展
2009年 北九州 宗salonにて『小山会』グループ展
by hazenotani | 2012-12-30 23:35 | 櫨ノ谷窯について | Comments(0)

ワビスケ

e0221358_2353583.jpg
侘助
e0221358_2362759.jpg

e0221358_2365174.jpg

e0221358_2371972.jpg

e0221358_2374751.jpg
干柿(吉野ミサ子)
e0221358_238382.jpg

e0221358_239971.jpg

e0221358_23104429.jpg

e0221358_2312569.jpg
キンカン
e0221358_2312547.jpg
クレソン
e0221358_23133368.jpg
メジロ
e0221358_231472.jpg
カラスウリ
e0221358_23144599.jpg
ハヤブサ(?)
e0221358_23152810.jpg
フユイチゴ
e0221358_23161137.jpg

e0221358_23182867.jpg

e0221358_23185759.jpg
黒唐津小皿(吉野靖義)
e0221358_2320523.jpg
朝鮮唐津窯変徳利(〃)
by hazenotani | 2012-12-24 23:22 | 一輪挿し・花生 | Comments(0)

団塊マガジン

無料のWEB雑誌「団塊マガジン」vol33に、当窯が紹介されました。
by hazenotani | 2012-12-09 00:07 | 櫨ノ谷窯について | Comments(0)